プレフェミンは通販で買うことができません!

プレフェミンは通販サイトでは買えません。
なぜなら「要指導医薬品」に指定されているからです。

 

これは「薬局で薬剤師さんの説明・問診を受けないと買えませんよ」との意味です。

プレフェミンは通販で買えないので代替品

 

逆に言うと、「副作用もあるから適切に飲んでください。ネット販売で手軽に買うのはやめてくださいね」と、国(厚生労働省)が注意喚起しているのです。

 

薬局での対面販売をしながら、原則3年間はリスクに関する情報を集めて、ネット販売もできる一般用医薬品(OTC)へ移行させる方針となっています。

 

なので、そのようなリスクのある薬より、プレフェミンの有効成分のチェストベリーが配合されたサプリメントの方が断然安心です。

 

チェストベリー配合量が、プレフェミンと同量(40mg)のサプリメントをランキング☆

 

プレフェミンの代替品としてチェストベリーサプリがおすすめ

ルナベリーの特徴

「ルナベリー」は、女性特有のつらい症状PMSを少しでも軽減させる、女性の為に開発されたサプリメントです。 PMS症状に効果的なチェストベリーを1粒に40mg配合し、さらに月見草オイル、亜麻仁油も配合ざれています。 チェストベリーは地中海沿岸に自生するハーブで、ヨーロッパでは昔から摂取されているものです。「ルナベリー」はギリシャ・ローマ時代から親しまれてきたこのハーブに着目し、さらに他にもブラックコホシュやワイルドヤム、レッドクロバーなど9種類のハーブをブレンドしました。 さらに、肌トラブルや気分の浮き沈みを改善するビタミンB群、女性に不足しがちなカルシウム・マグネシウム、ホルモンの働きを助けるイソフラボンも配合しています。 リピート率が93.2%の絶対的な自信があるからこそ、通常1か月分30粒入り4400円のところ、初回限定500円(送料代)のみでお得に購入して頂けます。 万が一何の変化も感じられない場合、120日間の全額返金保証もついています。 「ルナベリー」が気にいればとくとくコースにて2〜4回目以降も特別価格の10%OFFで「ルナベリー」を飲むことが出来ます。効果には個人差がありますのでまずは生理周期に合わせて毎日続けてみてくださいね。

価格 初回 送料のみ500円
評価 評価5
備考 チェストベリー1粒40mg配合!120日間の返金保証付き!
 
 

女性のミカタはすこやか編にチェストベリー配合

女性のミカタ(すこやか編)の特徴

ホルモンバランスを整えるチェストツリーや、血流・むくみの改善を促し血液サラサラ効果が期待出来るメリロート、むくみやセルライトの軽減が出来るウラジロガシ、冷え性や疲労回復効果のあるヒハツなど、代謝を促しリンパの流れを促進し、貧血予防や疲労回復に効果のある素材をたっぷりと配合しています。 さらに美肌に効果的なビタミンB1、ビタミンB6、ビタミンB12を配合したことで、生理前の荒れやすいお肌に効果的に働き、美肌効果も抜群にあげることができます。 「女性のミカタ すこやか編」は、安全性にこだわり、適正製造模範GMPという安全・安心が保証された工場で製造されています。 サプリメントで大切なことは継続!だからこそ続けやすい価格で、通常価格各1980円+送料200円のところ、初回限定のキャンペーン価格各980円でお試し頂けます。「女性のミカタ すこやか編」と「女性のミカタ 安らぎ編」2個セットをご希望の方は、20%OFFの1880円+送料無料でお試し頂けますので長く続けやすく、お得にお試しができます。

価格 定期コース初回980円
評価 評価4
備考 チェストベリー40mg配合!GMP工場で製造!
 
 

めぐルナでPMS改善

めぐルナの特徴

女性特有のお悩みに効果的なチェストベリーや、健康やお肌を生き生きとさせる高麗人参、イライラしている気持ちを抑えるクワンソウ、巡りや冷えをサポートするショウガなど、和漢洋の力で女性のリズムを正常化してくれるのが「めぐルナ」。 それらの栄養素を1日1〜2粒のカプセルにぎゅーと詰め込み、それぞれの効能を最大限に引き出す配合バランスとなっています。 更にバリア機能や腸内環境を整える乳酸菌を1粒に5000万個も配合。 さらに素材の効果を最大限に発揮するため、産地を限定し最高の素材を使い、GMP工場で製造されているので安心・安全です。 通常価格5200円のところ、初回限定で980円、2回目以降は23%OFFの3980円で毎月お試し頂けます。

価格 定期コース初回980円
評価 評価4
備考 チェストベリー40mg配合!高麗人参&生姜&クワンソウ
 

 

pmsの対策にはサプリメントがおすすめ!

pmsがなかなか改善しないという人はサプリメントの服用もよいでしょう。生理中の腹痛に飲む薬はいろいろありますが、生理前の心と体の不具合のための薬はなかなかありません。しかしサプリメントで体質改善を行うことでpmsの症状を緩和することができるかもしれないのです。たとえば、チェストベリーは女性ホルモンのバランスを整える効果があります。そのためpmsを緩和してくれるでしょう。ほかにも生理痛、生理不順、子宮内膜症の症状を緩和したり更年期障害を改善したり、女性に良い効果をたくさんもたらしてくれます。ピクノジェノールはあまり聞いたことがない成分かもしれませんが、こちらもpmsや子宮内膜症など女性に多い疾患を改善する効果があります。γリノレン酸は必須脂肪酸の一種でpmsの症状緩和はもちろんアレルギーや生活習慣病の予防効果を実感することができるでしょう。ほかにもイソフラボン、ビタミンB群、ビタミンE、カルシウムやマグネシウムは女性ホルモンの乱れや精神的な不安、イライラを改善する効果があるのでpmsのときにおすすめです。

 

pmsを治療するにはピルとサプリどっちが良いの?

pmsの治療としてよく使われているのがピルです。ピルは避妊をしたり生理周期を調整するためのものという印象が強いですが、ホルモン剤なので生理をコントロールする力があります。ピルを服用することでいつ生理が来るかを把握することができますし服用することによって生理の症状を緩和する効果を実感できたという人もいるほどです。しかし逆にピルを飲んで気持ちが悪くなった、太ったなどの副作用が出る可能性もあります。そのため、ピルよりもサプリメントのほうをおすすめします。ピルは人によっては劇的な効果を実感することができますが副作用の心配もありますし病院に行かなければ処方をしてもらうことができません。その点サプリメントはあくまで食品なので安心して飲み続けることができますし体質改善をしながら安心安全にpmsの症状を緩和することができます。副作用もないですし喫煙者などはピルを服用できない可能性もあるので、やはりサプリメントのほうが飲みやすいという人のほうが多いでしょう。安全にpmsを緩和したいのならサプリメントを服用してみてください。

PMS治療薬「プレフェミン(ゼリア新薬)」の効果は?

PMSで悩んでいるという場合、プレフェミンという薬を利用してみると良いでしょう。この薬は日本で初めて承認されたPMSの治療薬となっており、有効成分のチェストベリーを配合していることが特徴です。チェストベリーは女性の悩みをケアしてくれるハーブの一種であり、女性ホルモンのバランスを整える働きがあるということです。そのためPMSや月経不順、生理痛の緩和、更年期障害の改善などに役立つでしょう。チェストベリーはPMSだけでなく、さまざまな女性の悩みを解消してくれますし、安全性も高いので安心して摂取することができるでしょう。PMSの症状に悩む女性の約90%が改善効果を得られたと回答しており、人気の高い薬となっています。ちなみに、3ヶ月以上プレフェミンを服用する場合、かかりつけのドクターに相談するようにしましょう。他の病気が隠れていることもありますし、医療機関で診断を受けるのがおすすめです。ドクターに相談すれば長く飲んでも大丈夫ということです。ドクターに相談しながらこの薬を飲み続けるという方法もありますが、チェストベリーが配合されているサプリメントに切り替えるという方法もあります。プレフェミンに効果を感じたらチェストベリーが体に合っているということになりますし、同じ成分の配合されたサプリメントでも効果を得られる可能性が高くなっています。プレフェミンはホルモンバランスを整えるハーブを主成分としており、同じような効果のある漢方薬と併用することはできません。また、ピルなどのホルモン系の薬や抗うつ剤との併用も避けた方が無難です。似た成分を過剰に摂取してしまうことで副作用のリスクもあるので注意しましょう。プレフェミンはホルモンバランスに働きかける作用があるため、妊娠中や授乳中の人も服用することはできません。また、生理前以外にも乳房の張りや痛みがある場合、PMSではなくほかの病気が隠れている可能性もあるので注意しましょう。

 

 

 

プレフェミン(ゼリア新薬)はなぜ通販で買えない?

生理前になるとPMSという症状が出てしまうこともあります。PMSの症状は人にとって異なっていますが、生理前にイライラしたりむくんだりしてしなうことが多くなっています。この症状はかなり辛いものなのですが、プレフェミンというPMS治療薬を利用することで症状を軽減することができます。このPMS治療薬には西洋ハーブのチェストベリーの乾燥エキスが配合されており、安全性が高いので安心して服用することができるでしょう。PMSの辛い症状を改善することができますし、生理前の日常生活に大きな影響を与えてくれるということです。プレフェミンの効果を高めたいという場合、普段の食生活も見直してみると良いでしょう。セロトニンの材料となる栄養を摂取することで効率よくPMSの症状を軽減できるということです。セロトニンの材料となる食品としては動物性たんぱく質が挙げられるため、肉や魚、乳製品などを積極的に摂取していくと良いでしょう。プレフェミンは要指導医薬品に指定された薬であり、薬局で薬剤師の指導を受けないと購入することはできません。通販サイトでは購入することができないので注意しましょう。プレフェミンは通販サイトでは買えないということですが、入手方法が分からないという人もいるかもしれません。この薬を購入したいという場合、まずは使用すr本人が薬剤師のいる薬局に行く必要があります。そして、薬剤師からPMSに関する問診やプレフェミンの使用に関する説明を受けましょう。ちなみに、プレフェミンはまとめ買いすることはできませんし、3ヶ月以上継続したい場合はドクターの診断を受けるのがおすすめです。近くに薬剤師のいる薬局がないという場合や通販で買えるものが欲しいという場合、プレフェミンと同じ成分が配合されているサプリメントを利用すると良いかもしれません。プレフェミンを利用することで効率よくPMSの悩みを解消することができますが、痒みや赤み、吐き気などの副作用が出てしまうこともあります。

 

 

 

プレフェミン(ゼリア新薬)の成分と副作用

プレフェミンとは生理前のイライラや乳房の張りなどに行く要指導医薬品です。要指導医薬品とは一類医薬品より上の位にあり、通販では購入することはできず薬剤師のいる薬局あるいはドラックストアのみの販売となっています。一部の販売店では本人確認できる書類が必要なこともあります。プレフェミンの成分はチェストベリーという西洋で使われているハーブの一種です。西洋では欧州薬局方等の公文書にも記載されています。ハーブなのでそれほど危険ではないと思われがちですが、チェストベリーのハーブティを男性が1日に数杯飲むと胸が大きくなるといわれているほど効果があります。よって男性が間違って飲まないように要指導医薬品という使用者本人でないと購入できないようになっています。
プレフェミンはPMSと判断されないと購入することはできません。症状が軽減しても毎日飲み続ける必要があり、1か月だけでも効果がありますが、2,3か月続けることでかなりの方で症状の改善を自覚します。大きな副作用はないですが、3か月以上続けて服用する場合、念のために病院にかかり他の疾患ではないか確認する必要があります。何も問題なければ、飲む続けることができます。
また女性でよく使われる加味逍遥散や当帰芍薬散などの婦人薬とプレフェミンの併用は避ける必要があります。もし婦人薬の漢方薬を使っている場合薬剤師と相談し、どちらか一方にしなければなりません。チェストベリーは基本的には安全なハーブですが、しそ科に属するためしそにアレルギーがある場合は、何らかの副作用が起こる可能性があります。
医薬品ではなくハーブやサプリメントとしてもチェストベリーが含まれていることがあります。プレフェミンほど協力ではないですが、プレフェミンを服用時はこれらの商品は使ってはいけません。単独では安全性が高く、効果が実感できますが、併用することで過剰投与になり副作用が大きく表れる可能性が高くなります。

 

 

 

プレフェミン(ゼリア新薬)の飲み方と注意点

PMSで悩んでおり、プレフェミンを飲んでみたいという人もいるかもしれません。PMSの症状があると普段の生活を送る時にいろいろ大変なこともありますし、ちょっとしたことで周りの人に迷惑をかけてしまうこともあります。PMSの症状は周りの人にも大きな影響を与えてしまうため、精神的な症状を改善するためにプレフェミンを利用すると良いでしょう。プレフェミンはチェストベリーという西洋ハーブを有効成分としたPMS治療薬であり、正しい飲み方と注意点を知っておくことが大切です。PMSとは月経前症候群のことなのですが、生理前に起こってしまうさまざまな不快な症状です。1日1回の服用でさまざまな症状を改善することができるでしょう。生理や生理前の症状を改善するために低用量ピルを使うという方法もあります。しかし、プレフェミンの方がより安全にPMSの症状を治療することができるのです。もちろん西洋ハーブを利用しているといってもプレフェミンはサプリメントではなく薬ですし、全く副作用がないというわけではありません。発疹や赤み、痒み、吐き気などの副作用がよく知られています。また、この薬には女性ホルモンの分泌を促す作用もあります。服用することで女性ホルモンの働きが活発になりますし、皮下脂肪がついて太ってしまうこともあるでしょう。全ての人に副作用が起こるわけではないのですが、気になる症状が出てしまった場合はすぐに服用を中止して医師に相談するのがおすすめです。プレフェミンはホルモンに影響を与える薬であり、パーキンソン病治療薬や抗精神病薬などを服用している人もこの薬を服用しない方が良いでしょう。また、妊娠中や授乳中の人も服用を避けた方が無難です。西洋ハーブはヨーロッパでは盛んに使われていた安全性の高いものなのですが、薬だけに頼ってしまうのは良くありません。飲み方や注意点をきちんと守ることで安全に使用することができるでしょう。